無料ホームページ ブログ(blog)
すとんのプロレス日記 : 小橋建太VSボブ・サップの可能性と猪木の戦略

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小橋建太VSボブ・サップの可能性と猪木の戦略

http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2005/10/05/02.html
W-1で秋山準がボブ・サップに敗れたことで小橋VSサップという
カードにつながる可能性が出来ました。

もう二年くらい前であれば間違いなしの黄金カードなのですが
今のサップでは少し落ちるでしょうか?
それでも夢の対戦には違いないわけで、実現するのはおそらくノアのリング。
もしかしたら小橋VSサップだけでもドームがやれそうですが
実現するとしたらペースを守って武道館でしょう。

リング外の駆け引きも五分以上の条件を必ず引き出しますし
この辺りおそらくドームのメインはレスナーが勝つであろうと
思われる新日本とは大違いです。
三沢社長の手腕によるところが大きいのでしょうね。

で、どうにもドームのチケットが売れていなそうな
新日本プロレスですがサイモン猪木社長というのは
リストラの為に起用されたワンポイントではないかと
最近思っています。

娘婿にコストをできるだけカットさせてからロス道場に戻して
猪木の社長返り咲きもありえそうです。

レスナーをメインに出してアメリカPPVをやるなんていかにも
猪木自身が考えそうですし、アメリカの家庭に受けるようにとの
3WAYタイトルマッチなのかなと。
ドームが空いていてもPPVでの収益を得られるのであれば
ドーム興行を続ける必要もなくなります。
(昔から猪木はインターネットを使った世界戦略を狙っていました)

ただこれでは足元の基盤がもろくなります。
PPVで視聴する一般の家庭は「飽きやすい」のです。
何度嫌なシーンを見ても粘り強く贔屓を応援するプロレスファンとは大違いです。
ただ、このように日本のファンを無視したカードを続ける様であれば
さすがにファンも離れていくでしょう。

はたしてレスナー一本でどこまでひっぱれるのか?
日本のTVの視聴率すら稼げない現状を見ると
自分としては失敗する方が鉄板だと思いますけど。
スポンサーサイト

前のエントリー | 次のエントリー

ALL Comment

Comennt Entry

管理者にだけ表示を許可する

TeackBack URI

http://bakusyousengen.blog26.fc2.com/tb.php/9-95b6016a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TrackBackの一覧

ボブサップHAOフィギュア販売

K-1、プロレス、からバライティーまでお茶の間の人気者!ボブサップのHAOフィギュア。 詳しくはこちらへボブサップHAOフィギュア販売

2006/01/23(月) 22:01:20 | HAOフィギュア通販ショップブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。