無料ホームページ ブログ(blog)
すとんのプロレス日記 : いまこそ中西学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまこそ中西学

久し振りのプロレスねたで更新。

棚橋エース路線で突き進む新日本プロレスですが
G1優勝者の天山と両国でタイトルマッチが決定。
もう少しストーリー的にも転がしてからのほうが
美味しいと思うのですが、代替カードが見当たらないのか
現在の切り札的カードを切ってしまいます。
でも盛り上がらないんですよね。

これなら小島がG1優勝して棚橋が全日本に乗り込むとか
した方が盛り上がった気もするのですがどうでしょう?

さて、前フリが長くなりましたが中西待望論の話。

新日本第三世代といわれた永田、天山、小島、中西のうち
IWGPヘビーをとってないのは、実は中西だけなのです。
この世代はどうも「中途半端」な感じがいつまでも拭えず
小島は現状打破のため武藤と共に全日本に移籍し、
今回のG1でその選択が間違っていなかったことを証明しました。
永田さんはIWGP防衛記録を持っているにもかかわらず
いつまでも脇役キャラからの脱皮が出来ません。
(まあそれが似合っていると思うのですが)

天山はG1で小島に勝った事で三冠とIWGPのダブルタイトルマッチの
ショックが抜けたみたいですが、あのラスト以上の結末を見せられなかったことから
ファンの方はあの光景を忘れません。

やっぱりレスラーってオンリーワンを見せてなんぼだと思うのです。
日本人で並ぶものがない怪力や独創的な技など
今の新日本でそれができるのは中西学しかいません。

01MAXなどに参戦したときの生き生きしたプロレスは
本当は新日本のリングで見せるべきだし。
全国放送のゴールデンタイムでレギュラーコーナーを持っているのはいまや彼だけですから
健介夫妻に次ぐ知名度も持っていると思います。

中西が生かせるようにできれば新日本も上向くと思うのですが…

追記
レッスル・ランドでは中西が弾けた模様です。
この勢いをぜひ本隊のリングでも!
スポンサーサイト

前のエントリー | 次のエントリー

ALL Comment

Comennt Entry

管理者にだけ表示を許可する

TeackBack URI

http://bakusyousengen.blog26.fc2.com/tb.php/181-90cf41f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TrackBackの一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。