無料ホームページ ブログ(blog)
すとんのプロレス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のチャンピオンカーニバルの優勝は武藤

後楽園ホールで全日本プロレスではおそらく初の5連戦で行われたチャンピオンカーニバル。
過酷な連戦を切り抜けたのは武藤敬司と川田利明の同世代の2人でした。
20分を越える試合を制したのは武藤。

医者からはウェートトレーニングを禁止されたり、もう真っ直ぐに伸びない膝で
あれだけの試合を見せてくれるのは本当に頭の下がる思いです。
新日本プロレスに残っていたらとっくに引退していたんじゃないかと思います。

三冠王者でこの大会を迎えた鈴木みのるはTAJIRIにやられた格好。
この2人の戦いも次シリーズで続きそうですから武藤の膝も少しは休めますかね。

今の全日本という舞台は武藤だけでなくレスラー全員に見せ場を作ってくれる素晴らしい状態に見えます。

いまプロレス初観戦にいくひとには全日本を勧めます!!
参加レスラーの皆様お疲れ様でした。
スポンサーサイト

遅まきながら「激闘!西表島」を買いました!

お久し振りでございます。
最近いろいろと忙しくてあまり更新できておりませんね。

さて遅まきながら報告ですが水曜どうでしょうのDVDを討ち入りして購入しました。
ネタバレは続きに!

続きを読む

プロレスは細分化していくなら

今週になって週刊ゴングの『休刊号』が発売になりました。
昨年には週刊ファイトの休止があり、週刊プロレスも内容のリニューアルを行い、部数の確保を図ろうとしています。
ゴングの場合には代表の逮捕という最後の決め手が有ったわけですが
プロレスが細分化してきているために、プロレスファンの公約数的な誌面では購入動機に繋がらなくなったことも
大きいのではないでしょうか?
ある意味何年も変わらない東京スポーツは流石だと思います。

そこでゴングが復活するためにはどうすれば良いか?ちょっと考えてみました。
まあ、ありがちなネタですが。

1.昔の『紙のプロレス』路線
試合レポなどでなく選手インタビューや企画などで誌面を構成。
無理に週刊にはこだわらずに月1や2週に1回など内容が薄くなることを防ぐ。

2.プロレスと他ジャンルとの雑誌とする。
プロレスファンの場合、ハードロック好きとか競馬好きとかある程度の共通点があります。
プロレス内部の公約数は増えないのなら他ジャンルの公約数雑誌にしてみるとか。

3.WEB発行
随時WEBで有料配信する。
好評だった記事については後程紙媒体にして発売。

うーん、書いてみると結構ありがちですね。

ただ、ゴングもファイトもそのままの形での復帰は難しい訳ですし
なにか妙案があるといいのですが。

なんだかまとまらないまま終了。

やはり見なくて正解?TBSが『捏造』画像をHERO'Sで放送

さて、宣言通りに生観戦もテレビ放送も見ることなく終わった
昨日のHERO'Sですが、試合内容よりも別のことでまたもネットを
騒がしている模様です。
桜庭の試合前に映し出された2ちゃんねるを模した書き込み。
その表示が出てから2チャンネルが炎上。
J-CASTニュースが事実関係を問い合わせたところ担当ディレクターが
適当に(というか自分達の都合のいいように)作成したと認めました。
詳しい中身はこちらで

昔からTBSのニュースとかは捏造だのヤラセだの多かったのですが
前回ネットで叩かれていたのに、又これでは…
貼り付けた動画をよく見るとDynamite!!ではしっかりと消されていた滑るよという
桜庭のアピールを字幕までつけたVTRに編集しなおし
TBSは第三者で全く悪くないんだと普通の視聴者にアピール。
正直反吐が出ますね。


たしかに選手を集めるのにはお金が必要なのでしょうが
テレビ局の言いなりでもいいんですかね?

とりあえず、HERO'S見ないのは継続と言うことで。

猪木の新団体&サイモン社長辞任

なんだか猪木の新団体とかどう観てもこけてしまいそうな
物が動いていますが、それにあわせるかのようにサイモン社長が
新日本の社長を辞任。おそらく猪木に合流するのでしょうが
うまくいかないでしょうね。

既存の団体で協力するのは昔に猪木軍を名乗ってZERO-ONEを裏切ったバトラーズの石川くらいでしょうか?
あとはRYOTOくらいか。とても集客が見込める面子はそろわなそうです。

新日本にとっては完全に猪木色を排除できると前向きに考えた方がいい気がします。

しかし猪木の肖像権て、いまは新日本プロレスが持っていたと思うんですがこの辺りどうするつもりなんだろう?
いつも通りに強行突破する気でしょうか?

K-1の解説席に魔裟斗がいた

澤屋敷がバンナに勝っちゃったり、武蔵が藤本に完敗だとか
見所はありましたね。
でもテレビで見ていて驚いたのは解説席にいた魔裟斗。
TBSしか出ないと思っていたのですがそんなこともないんですね…

TBSの格闘技は本当に止めて欲しいと心底思っていますので
いっそのこと中量級もまるごと移籍してみては?

G+で森嶋vsKENTAをみた。

今日はノアの武道館大会でした。
地上波でも放送があると思いますが、メインの森嶋vsKENTAを見ましたので、その感想を追記に。

続きを読む

R25に越中詩郎が登場

さて、最近大人気の越中詩郎ですが東京近郊で無料配布されている「R25」にインタビューで登場しています。

一般の方相手の本だけに、あまりプロレス雑誌には載らないような記事が。

ヒップアタックを始めたきっかけは高田との対戦のときに「あんなの効かない」と言われて意地になったとか。
顎を狙えば意識も飛ばすことができるという素晴らしい技との本人の解説も載っていました。

もう本は手に入らないと思いますが、記事を書かれた方のブログが公開されています。
リンク先はこちらです!

越中本人もアメトーークは見たみたいですね。
ケンコバに対して「お笑いでトップを取って欲しいね。おれももう一度トップを取るから」だそうです。

まずニュージャパンカップでの活躍を期待してます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。