無料ホームページ ブログ(blog)
すとんのプロレス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前は兎も角ワイルドチャイルドっていいかも

11月24日に01MAXの後楽園大会で行われたNWAインターコンチネンタルタッグ選手権で
久し振りにタッグを組んだ大森・中西組が安田・佐藤耕平を破り防衛に成功しました。
詳しくは新日本公式サイトで。

正直言って2人とも決して器用なレスラーではないのですが
この二人が並ぶとなにをしでかしてくれるんだろうって期待感が大きいです。
二人の合体技「ワシントン条約」も天コジの合体技よりも説得力があります。
ドームでは全日本最強タッグ優勝チームとやって「最強」になって欲しいですね。
スポンサーサイト

ハッスルマニアに小池栄子ー♪

1日経ってしまいましたがPPVでハッスルマニア2006を見ました。
・眞鍋かをりさんが後輩擁護のためにリングに上がった!
・鈴木みのると坂田GMの絡みは結構面白かった。
・ニューリン様がエスペランサーに胸を打ち抜かれた!
・HGがエスペランサーに完膚なきまでにやられた!
・小川が最後にハッスルポーズをしていたが凄く痛々しかった!
など印象に残るシーンは沢山ありましたが、一番のインパクトはオープニングに出てきた「妖精」さん!
いやいや地上波も撤退したしPRIDEに絡んでいた小池栄子さんが、
まさかフジテレビと断絶したハッスルのイベントにでてくるとは。

いろいろと大人の事情があったのか「妖精」さんで通していましたが
くりーむしちゅーの有田と同じくらい楽しませていただきました。

しかし、この後のハッスルはどういう展開になるんでしょねえ。
ハッスル軍の最大の欠点だった喋りをこの一年間HGがやってきたわけですが
どう見てもこれで一段落となりそうな雰囲気ですしニューリン様の復活も難しそうです。
破壊の後の創造がやってくるのでしょうか?

続きを読む

新日本のドーム大会に全日本が全面協力

11日の更新でも取り上げました新日本プロレスの東京ドーム大会ですが
本日の記者会見で全日本プロレスの全面協力が明かされました。
GPWAに加盟していなかったメジャー2団体ですが、おそらくユークスの
強力な支援を得られたのではないでしょうか?レッスルキングダムなら
やっぱり華やかな舞台にして欲しいですよね。
というわけで前言を撤回してのカード予想です。

ダブルメインイベントその2 IWGPヘビー級 棚橋VS小島
年内のタイトルマッチの勝者は棚橋の予想のままです。
G1で好勝負を展開した2人ですが、小島の懐の深さに棚橋が敗れてしまいました。
チャンピオンになった以上負けっ放しという訳には行かないでしょう。
借りを返すことが出来るか?

ダブルメインイベントその1 三冠ヘビー級 鈴木みのるVS永田
みのる選手に挑戦するなら中邑かな?とも思っていたのですがプロレスの巧者対決と
なると永田ですかね?性格の悪い者選手権でもいいです。

セミファイナル 武藤&蝶野VS中邑&太陽ケア
実現しなかった三銃士の再結成をここでやらないでどこでやる?
てなわけで入場曲は三銃士の合体曲で
相手は正直誰でもいいかなとか思ったのですが両団体の柱になるべきこの2人で。

セミ前 世界ジュニア選手権 近藤VS金本
年内のIWGPで稔が勝つんじゃないかなと予想。というわけで全日本の絶対王者に挑むのは
対抗戦にハズレナシの金本で。

諏訪魔&TARU&ロージーVS天山&越中&真壁
団体内ヒールユニット対決。新日本がドームの度にやりたがるようなカードですが多分ブードゥが
美味しいところを持っていくでしょうね。

邪道&外道&稔VSライガー&カズ&TAKAみちのく
Jrの醍醐味をこれでもかと味わえる6人タッグマッチを。タイガーともおもったのですが
試合がへったくそなので稔で。

さてどの位当たるかな??

武藤&神無月が再びタッグ結成

今週ネタが多いなあ。嬉しい限りです。

12月15日の全日本プロレスファン感謝デーであの武藤&神無月が
タッグを再結成します。
対戦相手には「大物」を準備しているとのこと。
いやー、前回の感謝デーも面白かったのですが今度はどんな試合を
見せてくれるんでしょうか?

ハッスルマニアに眞鍋かをり降臨

昨年のハッスルマニアには和泉元彌の参戦やHGのプロレスデビューなど
話題盛りだくさんだったのですが、ここにきてハッスルが仕掛けてまいりました。
「ブログの女王」眞鍋かをりさんがハッスル親善大使に就任。
記者会見上、海川ひとみさんがハッスル参戦をアピールして
坂田GMもこれを認めました。
詳しくはこちらで。
インタビューの動画もあります。

うーん、眞鍋さん自体がリングにあがるならって思ってしまいますが
これは今のハッスルには強力な援軍ではないでしょうか?

あと二週間で何を仕掛けてくるのか大変楽しみです。

1.4 東京ドームの対戦カードをを予想してみる。

棚橋と中邑のタイトルマッチが名古屋大会で行われることになりましたね。
これについては私も賛成です。
将来的にはこの2人のメインでドームクラスまでいけるといいのですが。

さて東京ドームのメインにはどんなカードになるのか?

中邑は活躍したといっても蝶野とのタッグマッチでしたし、
プロレス下手っぷりはあまり変わっていないように見えます。
一発の逆転技という説得力が影をひそめてしまったうえにあの新技もどうも…
棚橋は永田さんとの試合もある程度説得力をもたせる程度にまで成長しましたので
棚橋VS中邑のタイトルマッチ予想は棚橋の勝ち。

と言う訳で棚橋VS外敵のIWGPを予想します。
ノアがらみはなさそうですので、相手としては
本命は高山。対抗で川田。大穴で藤田でどうですかね?

中邑はタッグリーグ優勝の実績ということで大森&中西のベルトに挑戦とか?

もし中邑が勝ったときには・・・また予想しなおします。

妄想?新日本のドームの協賛って・・・

東京ドーム開催が決ったんだから難癖をつけるわけではないのですが少し気になる「協賛:グリオ」。
何か聞いたことがあるなあと思っていたら、この会社って健康食品系のマルチか何かでなかったでしょうか?

と思って検索したら社長の脱税やらマルチ商法やらが記事になっていました。
以前から勧誘やら広告がドームの椅子に置いてあったり、入り口で配ったりしていましたが、
個人情報などあまりうかつに書かないようにしましょうね。
気にしなかったらいいんですけど、ちょっと気のいいプロレスファンの方が大丈夫かなと心配になってしまいました。
余計な心配に終わりますように。

新日本プロレスが勝負に出た!1.4東京ドーム決定。

棚橋のチャンピオンに中邑の凱旋帰国。
二人のライバル構造というものが見えてきたお陰か
なんとか明るい兆しの見えてきた新日本プロレス。

勢いをつけるのか、東京ドーム大会を正式決定しました。
詳しくは公式サイトで。

いや、やりましたね。
「レッスルキングダムIN東京ドーム」という大会名から
親会社の強力なプッシュが会ったのではと思われます。
男祭りやDynamite!!に負けないだけの話題作りができるのか?
カード発表を早くして、できるだけ多くの動員をして欲しいです。

水曜どうでしょうの追っかけ状態

061016_135709_M.jpg

少し前に名古屋の聖地にお邪魔したお話はしたのですが、
よく考えると自分ってどうでしょうさんがロケしたところを結構まわっているのです。

国内の聖地HTBに平岸高台公園に名古屋の某喫茶店。
海外もアメリカ、欧州、北欧、オーストラリア、マレーシア、香港にも行っていますし。
こう書きだすと自分も移動多い奴なんですね…

ろくに英語もしゃべれないというか、その場の度胸だけで行っている自分もいい性格だなと思ってます。
行っていないのは海外だとフランス、アラスカにコスタリカでしょうか?

こう言うこと書くと行くことになりそうですね(笑)
とくにオチもなく終わります。

佐藤兄弟ってダメでない?

また、反応のなさそうなインディーネタです。

みちのくプロレスに佐藤兄弟という本当の兄弟ユニットがいます。
ヒールとして活躍しているのですが、言いたいことが二点ばかり。
リング上やインタビューの決め台詞が「蛆虫」なのです。
うーん、いくらヒールとは言え子供が来る会場でこれはないでしょう。

もう1つが時々やっている「頭を強く打ったため奇行に走る」
これは見ていて気分が悪くなります。
こんなことをしなくても十分に客を沸かせられるだろうと思うのですが。

もうちょっと考えて欲しいなと思います。

ボクシング現役世界チャンピオンがPRIDE出場?

WBC世界スーパーフライ級王者の徳山昌守がPRIDE参戦を検討しているとか。
詳しくはこちらで。

所属している西日本ボクシング協会は総合格闘技に出場した場合には
ライセンス剥奪も辞さないと言っています。

DSEにしてみれば地上波獲得の切り札の1つなのでしょうが、
徳山がこのリスクをしょってまで本当にPRIDE参戦するのか?
今後の動向に注目です。

続きを読む

川田利明の冒険? 11月23日はキッツイだろうなあ

さてハッスルマニアも近付いてまいりましたが、
全日本プロレスの世界最強タッグにも出場する川田利明。
当日の後楽園ホールで行われるカードが決りました。

武藤&川田VS小島&天山

えー!マジですかって感じですよね。
確かに全日本が元の所属とは言え、いまの所属は「DSE」と
いって間違いないのですが、そのDSEが全力でイベントを行う
当日に天王山のカード。

川田の場合、省エネモードの試合は考えられませんから、
激しい試合になることが想像されます。

川田はこの試練を乗り切ることができるのでしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。