無料ホームページ ブログ(blog)
すとんのプロレス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小橋選手 欠場の代役は健介

昨日の続報です。

20060630-00000028-spnavi-spo-view-000.jpg


高山選手の復帰戦のタッグパートナーが佐々木健介選手に決りました。
皆様ご存知の通りに、東京ドームでの小橋VS健介の初シングルマッチは
年間最高試合に選出されました。

遡ると高山選手の欠場前に行われた最後の試合相手は健介でしたし、
小橋選手の代役には健介以外には考えられなかったかもしれません。

きっと小橋選手の闘病への力になってくれると思います。
病気を吹き飛ばす熱い試合を期待します。

続きを読む

スポンサーサイト

大森&中西組 始動

6月24日のディファ有明で開催された01MAX。
大森&中西という越境タッグチームが結成されました。
プロレスファンから見れば言わずとしれた超不器用な2人。
考えているのだか考えていないのだ天然としか言いようがない二人が
タッグを結成していきなりNWAインターコンチネンタルタッグに挑戦しました。

佐藤耕平&崔という勢いは充分にあるチャンピオンに攻め込まれまくったものの
最後には大逆転。

im00039963.jpg

アックスボンバー+マッケンローの『ワシントン条約』で
見事に勝利を収めました。
命名はマナバウアーのセンスからも中西さんかなと。。。

新日本は暫定王者トーナメントのメンツが…だし、ノアは小橋&多門と新鮮味がないしで
各団体のヘビーのタッグチームに面白みがないと思っていましたが
この2人は何をしでかすのか分からないベテランにはありえない楽しさがあります。
ぜひ色々と引っ掻き回して貰いたいですね。

im00039922.jpg

いやー絵になるわ。

続きを読む

やってもよい仕掛けといけない仕掛け

まずはここを見てもらいます。
こちら
橋本真也氏が在命中に蝶野選手の20周年を祝うために新日本の会場に行ったことも
「ZERO-ONE」活動停止に至った理由とかかれています。

次はこちら。
FOSの中村社長がビックマウスラウドの村上選手に勝手に火祭り出場の交渉を
始めたといって謹慎処分にするとの記事です。

よりにもよって橋本氏の1周年が近かろうって頃にこの仕掛けですか?
考えたのはやっぱり中村さんですか?

ここから個人的な文句ですので、気分を害される方は読まないで下さい。

続きを読む

橋本真也の1周忌

もうすぐ破壊王・橋本真也が亡くなって一年になります。

本葬にも合同葬にも行ってきて、涙が止まらなかったことが
今でも胸の中の刺になって残っているのですが、プロレス界も
合同興行とまではいかないまでも、追悼興行は新日本、ハッスル、01MAXなどで行われます。

自分もハッスルハウスには観戦に行く予定ですので
試合会場で流れる「爆勝宣言」を久し振りに聞いてきます。
で、爆勝宣言といえば大会場に流れていたロングバージョンが発売になるようです。
ソースはこちら。

おそらく即買いです。
自分に元気をつけたいときに聞きたいと思います。

続きを読む

ようやくドラゴン退団

一番最初の記事が4月23日でしたのでもう2ヶ月も前の話なのですが
新日本創世記の生き残り藤波がついに新日本を退団することになりました。
・・・すでに賞味期限切れ?

まあともかく。
すでに退団していた「無我」西村や吉江、田中リングアナに
おそらく今は休んでいるヒロ斎藤なども合流するのではないでしょうか?

個人的には無我はすでに西村のものだと思うのですが
藤波という鶏のとさかが出来たことでスポンサーや協力者も
得易くなったのではないでしょうか?

藤波というよりも無我の動向に注目します。

クロアチア戦 今回の戦犯は?

うーん、勝ち点1を取ったと喜ぶべきなのか、
これで限りなくトーナメント出場が難しくなったと思うべきなのか。

クロアチア戦の無得点な原因はこれな訳ですが。

また以下愚痴です。読みたくない方はスルーで

続きを読む

ハッスルエイド大成功

決っていた地上波放送中止というここ一番の逆風を受けてしまったハッスルエイドでしたが、こういうときこそ
観に来てくれたファンのためレスラー・芸能人が精一杯のパフォーマンスを見せくれました。

全日本プロレスの三冠王者小島が登場してHGとタッグを結成。
見事にハッスルポーズも披露してくれました。
im00039499.jpg


しかし何と言っても一番のインパクトは最後に登場したザ・エスペランサー!
im00039486.jpg


いまハッスルを見ている人で元ネタの分かる人はどれだけいるのでしょうね。
一応こちらにある通り、高田のプロレスラー時代初期のニックネームだったのですが
あっという間にすたれてしまった名前だったのに…次回の登場はいつになるのでしょうね。

PPVで観られなかった方は公式サイトにも画像があるのでぜひご覧下さい。

負けるべくして負けたかな。

なんというかもう最悪の展開でしたね。

以下悪口というか批判だけなので読みたくない方はスルーで。

続きを読む

ミルコVS吉田に藤田VSシウバ

DSEの記者会見がありましたね。
内容的にはまあ予想範囲の発言でしたが
50人以上の選手が集まったのはある意味壮観。
地上波がなくなっても選手の頑張りがあれば
イベントは続けられると思います。

そのファン心理をかんがえたのかベスト4をかけた戦いには
今考えられる中で最高のものを選ばれたと思います。
なんとかイベントの存続を願います。

青春バトン

 いつもお世話になってる「日刊H.T」さまからバトンを頂きました!遅くなりましたが答えます!
①小・中・高の中で一番思い出深い時期は?
うーん、色々あったのは小学校ですが思いで深いのは高校でしょうか?
変わった連中が集まっていました。

②一番お世話になった先生はいつの時の先生ですか?
中学校の部活の先生。
修学旅行でオイタしたときに本気で殴られたりしましたが
今となってはいい想い出かなと。

③得意だった科目は?
意外と理数系かな?

④では苦手な科目は?
語学は駄目だったかと思います。

⑤思い出に残った学校行事を3つあげてください。
・小学校で詩の賞を貰ったこと。
・中学校の体育祭の棒倒し。
・高校の修学旅行ではじめて都内に。

⑥学生時代はクラスではどんな存在でしたか?
うーん、目立っていなかったのではないかと。
一部では有名だったようですけど。

⑧好きな給食のメニューは?
H.Tさんと同じくソフト麺。
自分の頃はまだご飯ではなかったのです。

⑨学生時代に出会った友人はあなたにとってどんな存在ですか?
うーん最近会っていませんが支えて貰った仲間でしょうか?

⑩次に回す人は?
随分置きっぱなしになったので止めて置きますね。

H.Tさまスイマセンでした!!

K-1 格闘技からの逃避・フジ PRIDEを打切り

昨日世界ツアーから帰国しました(真面目に)。

さて、日本にいない間に行われたK-1の海外大会。
メインイベントでどちらもミソをつけてしまいました。
ボブ・サップは試合開始直前に逃亡。
経緯を見たところ、「試合内容」についての難癖をつけたと思われます。
さらに行われた韓国大会。
去年のGP王者のセーム・シュルトVS地元の英雄チェ・ホンマン。
明らかにシュルトの優勢だった試合で勝ってしまったのはチェ。
K-1が真剣勝負だとか思っている格闘技好きはもう存在しないと思いますが
いくらなんでも酷すぎ。
実力主義を打ち出すとか言っていましたが自らの発言を便所スリッパで
踏みにじってしまいました。
今年の年末はおそらく「亀田祭り」のおまけになるであろうことが想像できます。

さらに深刻なのはDSE。
フジテレビとDSEの間で契約違反が生じたとのことでDSE主催の
PRIDE、ハッスルの放送契約を解除。
テレビの巨大資本をバックに選手と独占契約を続けてきた
「実力主義」「エンターテイメント」も崩壊してしまうことは確実です。
ヒョードル、ノゲイラ、シウバ、吉田、藤田など彼らの行き先に注目が集まります。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。