無料ホームページ ブログ(blog)
すとんのプロレス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参加者を少しは考えるとかすればいいのに

ノアのGHCヘビー挑戦者トーナメントの時期に
かぶったせいで「春のG1」という去年のコンセプトが
ものの見事にぶっ飛んでしまい、IWGPヘビー挑戦者トーナメントと
成り下がってしまったNJW。
せめて枠の空いていたフリー枠に日本人の大物とかブッキングすれば
いいのに、フリー枠に入ってきたのは01MAXの崔。

まあ、ドームからの因縁てことで山本と絡めるのは良いとしますが
それを何でトーナメントにいれちゃうのか?
仮にも「春のG1」なんですよね。

やっぱりダメかもしれないな。この会社。

続きを読む

スポンサーサイト

キムケンまでいなくなる。

さて、その某老舗団体ですが(笑)。
創世記からの面子である木村健吾まで新日本から去ることになりました。
まあスカウト部長ってなによって感じだったのですが。

こうなると、なにがあろうと残っているドラゴンってある意味
凄いというかなんというか。
やはり「東スポで新日の内部事情を知る男」は流石です。

GHCヘビー級王座挑戦者決定トーナメント

無事永源選手の引退を終わらせたノアですが
某老舗プロレスと違い着々とプロレスの王道を突き進みます。
GHCヘビー挑戦者決定トーナメントを開幕。
面子は佐野巧真、斎藤彰俊、井上雅央、泉田純至、志賀賢太郎、川畑輝鎮に新人の谷口周平でトーナメントを行い
勝ち残った選手が挑戦者だそうです。

中堅というかいまひとつぱっとしていない面子というか
こういう人たちの底上げを行おうとする秋山は頭がいいなあ。

実績でいえば斉藤かなって思いますが…

永田は新日本の土になれ

さて個人的には全く興味が湧いていない新日本のNJ杯。
ここはどう考えても棚橋が勝つしかないのですが、
あの「IWGP最多防衛記録」をもつ永田がNJ杯制覇と
レスナーへの挑戦をぶち上げています。

『オレがベルトを手放してからゴタゴタし出した。安定した柱になれる王者がいなかった。優勝したら発言権も強まるから、いい舞台で挑戦したい』

いやいや。ちがうちがう。
君がトップに立ってからあっという間に観客動員も何もかもが
急降下したんだって。
まあ、分かっていて言っているなら良いのですが
本気で言っているなら太刀が悪い。
まあ、いまのヘビー級にろくな人材が残っていないからなのですが…

彼の役目は棚橋、中邑の見事な踏み台だと思います。
難しいでしょうが棚橋には連覇を期待しています。
(去年NJ杯を制覇したのが棚橋だと覚えている人ってどの位いる?)

夢のダブル武藤組!

im00033838.jpg


全日本プロレスのファン感謝デーで夢のダブル武藤組が結成されました。
来場した1850人の人たちはある意味伝説の立会いが出来たんですね。
羨ましいです!!
GAORAでは4月に放送予定なのですがどこかで
ノーカットでやってくれませんかね!?

誰も傷つけないのがプロレス流。

少し日が経ちましたが新日本の両国大会。
メインのレスナーVS曙はセコンドの介入やベルト攻撃も
あってレスナーの防衛でした。

初挑戦の曙は体を使った攻撃を展開。
ぶちかましやボディプレスなど何度も見せ場を作りました。

レスナーは今までの絶対王者から反則ありのヒールチャンプにモデルチェンジ。
まあ正統派チャンプでは観客動員がないみたいなので
それはそれでありなんじゃないかなと。

で、次の挑戦者にはおそらく棚橋が来るのかな?
なんとなくセコンドの介入失敗で丸め込んでピンとか
今から見えてくるようなんですが(笑)
なんとか再建の柱になって欲しいです。

WBC 日本が世界一!

いやいや、勝ちましたね、日本。
日曜日の韓国戦も今日のキューバ戦も休みなので
じっくりと見られました。
予選までの貧打の憂さを晴らすかのように打撃陣が活躍したし
上原、松坂もしっかり投げてくれました。

審判騒ぎで注目も集まったし災い転じて福となりましたね。
兎に角おめでとうございます!!

続きを読む

靖国神社にランジェリー武藤がやってくる

051022_01.jpg


さて、去年から行われるようになった靖国奉納プロレス。
去年はかなり堅い要素のプロレスだったのですが
年が改まって今年の興行はメインこそAWA戦を予定していますが
第一試合に出てくるのは、局地的に大評判のランジェリー武藤。
正体についてはWEB検索すると本人のブログも出て来るので
興味のある方は探してみてください。
アマプロもやっていましたし、UWFスネークピッドにも
在籍していたので基礎はしっかりしたレスラーです。

出てきた時点で膝を怪我している彼はどんなに攻め込んでいても
膝を攻められると途端に動きが止まるという分かりやすいキャラクターで
インディー団体では引く手あまたの状態です。

ご興味のある方は、桜を見ながらランジェリー武藤を堪能して見てください。

トム・ハワードが01MAXに参戦。

さて、初期ZERO-ONEで大活躍した
トム・ハワードがプロレスに戻ってきます。

最初に真撃に登場したときの匍匐前進やコーナーポストを
飛び越す勢いのキックなど凄いインパクトを残したのですが
K-1がプレデターとあわせて引き抜き。
どんな活躍をするかと期待していたら回ってきたのは
噛ませ犬の役でした。
勿体無いというか、彼が判断を誤ったというか…

本来の土俵であるプロレスでの復活を期待します。

もう少しビックマウスの動向を考えてみる

さて前回に続いてBMLの今回の動きについて考えてみます。

上井さんが欲しかったのは対新日本プロレスの象徴としての前田。
幸いK-1の協力は得られるので、多少の我侭を言われても
資金的にも受け入れられると考えていたのでしょう。

ところがK-1と組んで始めたW-1は見事に大ゴケ。
トーナメントで誰が残っているかなんて誰も覚えていないのではないかと思います。

次に始めたのがビックマウスのプロレス部門であるビックマウスラウド。
ここでもう1つの目玉である船木の現役復帰を仕掛けました。
確かに話題を集めることは出来ましたが、船木もすでに37歳。
出来ても後数年となると、柴田に頑張ってもらうしかない状況です。

新日本のドームで『小川VS橋本』『前田VS長州』の再現を
仕掛けてくるように含んでいた前田ですが、上井さんとしては
柴田や村上には傷を付けてしまうわけにもいかず、あくまで
プロレスの枠内での試合になります。

さて、このことで前田と船木が離脱。
象徴をなくしたことで対新日本プロレスを続ける必要のなくなった
ビックマウスは永田・飯塚の徳島参戦のバーターで受けたであろう
柴田VS棚橋を一方的にキャンセルします。
エースである柴田を負ける可能性が高い試合に出すのは今後の
自身の興行に悪影響しかないからだと考えられます。

ここまで考えると上井さんの器の小ささが際立ちます。
今やるには意味のないカードといってマスコミがかばいますが
すでに発表になっているカードをひっくり返したのは
中邑VS棚橋のドーム戦をひっくり返してしまった猪木を
思い出さずにはいられません。

というわけで柴田には早々にBMLの離脱を勧めます。
おそらくノアとかにでた方が伸びるんじゃないかと思うんですが。
サラリーマンレスラーにはならないという台詞は上井さんのやることに
したがっているだけの彼には似合わないです。

柴田VS棚橋がドタキャン?

前の日記で今やるのはどうなんだろうと書いた
柴田VS棚橋が土壇場手ドタキャンになるとかならないとか?
詳しくはこちら。

まあ、やる意味といえばレスナーVS曙の勝者に棚橋が挑戦するため
なんてミエミエのカードだったのでやらないこと自体には賛成なのですが
本当にドタキャンするのか、これだけ前にカード発表してもチケットが売れないので
上井さんが仕掛けているのやら?

ともかく柴田が可哀想で。フリーになっちゃった方が良くない?

続きを読む

イメージバトンをいただきました。

いつもお世話になっている日刊H.T様より
イメージバトンをいただきました。
今までのイメージされたものをコピーして
バトンをいただいた方のキーワードについて
イメージするものを答えて次の方に回すみたいですね。
ここまでは、
海→ブルー→サッカー日本代表チーム→ ドイツ→ソーセージ→バーべキュー→かに→白砂→砂丘→海→太陽→ひまわり→たね→すいか→うめぼし→和歌山→みかん→あたしンち→猿山→赤ちゃん→フレンチブルドッグ→おばあちゃん→ボーリング→ハイタッチ→アメリカ→カジノ→ドラクエ!!!→スライム→キング→トランプ→マギー審司→ジュエリーマキ→ 後藤真希ちゃん→モーニング娘。→テレビ東京→旅→駅弁→牛タン→カルビ→脂肪→カプサイシン→ナルリョライスンヨプ→金山知憲→ミラクルホームラン→逆転→旗→体育祭→うちあげ→飲ま飲まイエイ→一気のみ→ウコン→インド人→ガンジー→ゼンジー北京→バンジージャンプ→SHONENJUMP→ナルト→博多弁→和田勉→天然ボケ→浅田美代子→女系家族→婿養子→カカァ天下→カイヤ→巨乳→叶姉妹→美香→サルサ→情熱→赤い薔薇→おちょう婦人→縦ロール→名古屋嬢→しゃちほこ→グランパス→ギャング→お金→指名手配→殺人犯→包丁→まな板→漂白→魂→ソウル→とおる→こおる→電話→モーニングコール→目覚まし時計→眠い→授業→サボる→さぼてん→中高生→学生服→脱がさないで♪→パンツ→スケスケ→ヨネスケ→晩御飯→コシヒカリ→東北→方言→意味不明→酔っ払いのたわ言→マークコールマン→高田延彦

高田延彦ですか!
「総統・ふんどし・本部長」とかいろいろ思いつくのですが、
『酒豪』でいきましょうか。

で次に回す方なのですが、回せる方って少ないんですよね。
くぼみ的聊天のくぼみ様。
又で申し訳ないのですが、宜しくお願い致します。

新日本のG1よりも全日本のチャンピオンカーニバル

im00033219.jpg


3月10日に行われた全日本プロレスの最終戦。
去年のMVP小島に挑戦したのは今まで勝った事のなかったグレート・ムタ。
独特の動きに惑わされながらもきっちりと技を受けきり
最後はラリアット連弾で堂々のピンフォール勝ちを納めて防衛しました。
詳しくはこちら。

試合後にリングに集まってきたのは、
その小島を中心に武藤、健介、諏訪魔に加えて
今シリーズからフリー参戦していた吉江に
ノアの秋山とGHC戦をやったばかりの鈴木みのるまで。
これに常連外国人まで加わって行われるチャンピオンカーニバルには
内容はもちろんのこと観客動員にも期待が持てます。

背広組の離脱や外国人の離脱と暗い話題の多かった全日本は
着実に再建の道を進んでいるようです。

武藤の提唱する「パッケージプロレス」が今年のプロレス再建の
キーワードになるかもしれないですね。

続きを読む

もうやってしまう、レスナーVS曙のIWGP

再建途中の新日本プロレスですが、
次期シリーズの両国国技館のメインがレスナーVS曙のIWGP
ヘビーに決まりました。
詳しくはこちら。

曙のプロレスはそこそこ評判は良いようなのですが
さすがにシングルのタイトルに挑戦てどうよ?って思います。
第一シングルで実績もあげてないのに何故今挑戦??

5分以内なら見られる試合になるでしょうが
正直10分はもたないだろうと。
あと、レスナーの“評決“はかからんだろうし。
グタグタの結末にならないように他人事のように祈ります。

続きを読む

プロレスの王道 秋山の王者像とは

昨日のハッスルに続いてノアの武道館。

個人的に期待していた日高・藤田組が見事GHCジュニアタッグベルトを奪取。
01MAXとのジュニア闘争が始まる感じです。
シングルマッチでのサプライズは丸藤が田上から首固めでピン。
おそらく一番盛り上がっていたのではないかと思います。

さて、メインのGHCヘビー。秋山が肋骨の負傷に耐え、
鈴木の攻めに耐えて見事防衛。
今後の挑戦者はノアの中堅にスポットを集めるようです。

前回の王者時代と違い、今回はノア内部に目を向けています。
これは三沢、田上、小橋、秋山自身が抜けたあとの
ノアの支柱を作るためだと思われます。

同日に首都圏で興行が開催できるほど、ハッスルが台頭してきた今、
そんなに時間的な猶予はないかもしれません。

両方の今後にも注目です。

ハッスル14速報です(後編)

さて後編です。

休憩明け第4ハッスル
天龍・安田VS坂田・サイのタッグ選手権&坂田組が負けたら青木が即水着マッチ
青木さんの水着グラビア写真を安田が持ち込んだので何となく見えたかな(笑)
それでもゴリゴリの怖い天龍が出現。かなりのハードな攻撃を出していました。
最終的にはバックドロップ⇒フットスタンプで坂田がピン。
名古屋のハッスル15では天龍VS坂田のシングルが濃厚になりました。
タッグ王者で無くなったら天龍でなくなるかと思ったのでちょっと以外。

セミハッスル
川田VS鈴木健三
もうすこし、日本スタイルになるかと思いましたけど
そこはハッスル。浩子さんの乱入がいい味になっていました。
ミニスカートスタイルでスイングDDTをやったのはお見事。
最後は浩子さんを利用した元ヤチョップを再現させて
川田が鈴木家をまとめてピン。

メインハッスル
HG・TAJIRI・大谷VSアン・ジョー・佐藤耕平・PTA
入場前のスキッドからHGとTAJIRIの絡みが面白い。
やはりこのあたりは場慣れがあるんですかね?
試合はTAJIRIとアンジョーのオープニング。
じっくりと見せる試合を見せてくれました。
話題性は充分なハッスルとしては試合内容の向上が見られれば
鬼に金棒?その点からもTAJIRIの加入は大きいですね。
試合の中盤から後半はHGが捕まりっ放し。
集中的に腰を責められます。
しかしTAJIRIの機転もあって大逆転。
69ドライバーからのピンでPTAから勝利を奪いました。
それにしてもあれだけやられてもTAJIRIとタランチュラの共演とか
体勢を壊すくらい腰が痛いのに根性で上げ直してきちんと腰を振ってから
69ドライバーを出したHGのプロ根性は大した物だと思います。
これだけのプロの自覚のあるプロレスラーって今どれだけいるんだろう?

高田総統のHGに対する「フライデーいじり」があり、
川田の健三擁護発言、「インラン」の孵化が近い話など充分観客を楽しませてからTAJIRIの締めで大団円。
あっ、一応最後は小川も来ました(笑)。

マッチメークは兎も角、次回への伏線などチケット分を十二分に楽しませてくれたと思います。

正直今年のプロレス界はノアとハッスルの争いになりそうですね。

ハッスル14速報です(前編)

さて、ハッスル14の速報です。

横浜文体ですからいつのもナンバーシリーズよりも
小さいですがPPVで見ている限りはほぼ満員に見えます。
鈴木浩子GMの口上とカード発表で試合開始です。

第1ハッスル
ハッスル仮面レッド・ブル・イエローVS鬼妖拳・ダークフォンマエストロ・アイン&ツバイ
ご当地モンスターとして崎陽軒のシュウマイの化身鬼妖拳登場。
頭に付いていたグリンピースのヘッドバットが得意技みたいです。
でもシュウマイの皮をはがれると力を無くすらしく
最後はレッドの高速ウラカンラナであっさり負け。
まあ、もう出番は無いかな。

第2ハッスル
Erica・マーガレット・石狩太子VSモンスターC・フライングバンパイア25世・カマキリジャック
女装した石狩太一が一番女性に見えたのには笑えましたが
試合内容はヘタレっぷり全開。
キングスロードの兼ね合いどうする気だ、こいつ?
3人同時フォールだったのですが、2対1でErica組の勝ち。

第3ハッスル
田中・金村VSチーム3D
このマッチメークだと3Dの体の大きさが際立ちますね。
どんな技をやっても説得力十二分。
お互いのハードコア技を食らっての好試合でしたが
最後は3Dでピン。
試合後に壊した机にサインを貰っていてた子供が羨ましかったです。

では、後半始まりましたので、またあとで。

“興行競争“を喜んでいいのかな?

もうすぐ日付が変わりますが
明日3月5日は興行競争になっています。
まずはノア。
武道館で秋山VS鈴木みのるのGHCヘビーに、小橋VSKENTAや
田上VS丸藤、さらに日高・藤田がGHCジュニアタッグに挑戦と
もしかしたらもっと大きな場所でも埋まるのではないかという豪華カードです。
(まあ殆どが身内のマッチメークなのに豪華に感じるのが今のノアの実力か?)

次にハッスルが横浜でハッスル14。
TAJIRIのハッスルデビュー戦やチーム3D登場など
こちらも次々に話題を提供しています。
ハッスルマニアを境に「コツ」をつかんだ感がありますね。

更に全日本プロレスも後楽園で興行。
こちらは武藤・吉江組という楽しみなタッグマッチが予定されています。
ゴタゴタが伝わっているものの「パッケージプロレス」のコンセプトが
きちんと保たれているのはさすがだと思います。

こう書くとプロレスが凄く盛況のように感じますが
プロレス観戦に行く新規の客が増やせそうなのはハッスル位で
あとは固定客を奪い合うといった感じ。
大都市圏に興行が集中するのもやむなしなんでしょうけど
ファンの懐具合のことも考えると少し考えた方がいいのではないかな?

小さい一歩かもしれないけどやらないよりは良い

もしかしたら新日本が少しずつ変わり始めたのかなと言うお話。

将来を見据えて中邑を海外修行に出したり(もう一方の棚橋がプッシュ状態だし)、
ファンサービスのために横浜Fマリノスと提携したりと
少しずつ変わり始めたのかもしれない新日本プロレスのフロントですが
長年禁止されていた「紙テープ」を解禁することになりました。
詳しくはこちら。

試合進行の妨げになるとか、選手や観客が怪我をするとか
いろいろな理由はあったと思いますが、興行の盛り上がりには
欠かせないアイテムだと思います。

小さな事からこつこつと。
新日本プロレスが良い方向に進んでいく兆しだと思いたいですね。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。