無料ホームページ ブログ(blog)
すとんのプロレス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとお出かけします

ちょっと2週間ほどワールドツアーに行って来ます。
言葉の綾じゃなくって真面目に地球一周です。
この時期に寒いところに行くのも嫌なんですが
帰ってきたら、ご報告で。
スポンサーサイト

小川VS吉田が見たいか?

20051114230707.jpg


大晦日の男祭りで小川VS吉田が決まりました。
ただこの二人の表情を見る限り、望んで組まれた試合ではなさそうです。

小川としてはハッスルをここまで認めてくれたDSEに義理を果たす必要があったろうし
吉田としてはGP以降注目を集めることも出来ず、起死回生を狙った選択だろうと思います。

これ正直見たくないんですよね。
馬場VS猪木といっしょで実現は望まれていたけどついに実現しなかった試合として
残っていて欲しかった気がするのです。
・・・変ですかね?

新日本が変われるか。

アントニオ猪木というか佐川急便の持っていたであろう株式を
ゲーム業界のユークスが購入したそうです。


これで猪木の影響力が薄れてくれれば新日本が新しい道を
進むことが出来ると思うのですが、実際にはどういう形になるのか。
ユークスとしてはキャラクターの独占使用が可能になるとはいえ
「商品価値」のない選手には早々に見切りをつけるのではないだろうか?
そう考えると、1月4日の東京ドームで出場できない中堅以上の選手は
ほぼいなくなると考えた方が良さそうです。

今度こそ変わることが出来るんだろうか?

エディ・ゲレロが急死

20051114225110.jpg



エディ・ゲレロが滞在先のホテルで急死したとの記事が…
新日本にブラック・タイガーとして来日していた頃から
知っている私としては、ただただ驚くばかりです。
それにしても、何故今年はたくさんの名レスラーが亡くなってしまうんだろう。

心からのご冥福をお祈りします。

こういう人なんだよな。

何度やれば気が済むんだか。

マイク・タイソンがまた暴行をやらかしたらしい。
日本の法律で彼は日本で試合することが出来ない。

K-1がアメリカでの試合を実現する為に、契約金まで払っていたらしいけど
それも無駄になりそうな感じです。

いっそのこと、レオン・スピンクスにならってどインディープロレスに出てみてはどうだろうか?

新日本がドーム撤退

1月4日ドームのタイトルが変わっていた。
いつの間にやら「故郷」から「闘魂始動」に変わっていたんですね。
やはり長州現場監督の打ち出した「対抗戦封印」が効いているのでしょうか?

観客動員が振るわなければドーム興行を止めるということは
今の新日本プロレスの身の丈にあった考えだと思います。

しかし、この状態は猪木によってもたらされたものなのに
また「猪木」に頼ろうとする辺りがおめでたいと言うかなんというか。

引退して以降、永久電池の資金調達から、強権発動によるファン不在のカード変更、
身にならない海外戦略、藤田・レスナーの猪木事務所契約による高額ギャラの支払いなどなど。

更には平成新日本の支えだった橋本・武藤の離脱はやはり猪木が遠因だと考えます。
もしこの2人が新日本に残留していれば今とは違う風景を見せられたのではないでしょうか?

中邑・棚橋世代の成長が軌道に乗るまでドームは封印してもいいと思います。
ただ、これだけの所帯は支えられませんから、この決定は大量リストラを
実施するということを事前に宣言しているんですね。

「盟主:新日本」が見られるのは東京ドームまでなのかもしれません。
暗い話で終わってしまった!

ハッスルマニア速報その2

ここから後半戦です。

第5試合 ハッスル仮面レッド・ブルー・ライオセイザーVSデビル・ピエロ1号・2号・ジャスティライザーグレン
お子様の客が多かったのはこのためなんですね。観客席に人形を持った人がたくさんいました。
まあ試合としてはいつものハッスル仮面の試合だったのですがヒーロー同士で洗脳を受けていたジャスティライザーに
ドラゴンぽいスープレックスで勝利。ビターン洗脳も観客の力で解いてしまいました。

第6試合 天龍・安田VS金村・田中
一応タッグタイトルマッチ。天龍がハッスルに出てくるだけでも凄いですわ。
もうガチガチのハードアタックで天龍1人いるだけでこんなに違うものかなと感心しました。
でももっと恐い天龍モードでもよかったんじゃないかなー…一見に近い客が引くかな。
53歳を決めて天龍がピン勝ち。これで天龍も参戦継続になるんだろうか?

いよいよメイン。
小川・大谷・HGVSインリン・川田・アン・ジョー
いや、HGすごいです。
学生プロレスでチャンピオンになったりも某老舗団体のエース候補と戦ったりしていたらしいですが
これだけ動けたり技を受けられたりするとは思わなかったです。
他の本職レスラーが霞んでしまうくらいでしたから。明日笑っていいともにでるんだけど大丈夫なんだろうか?
最後はHGとインリンの対決になって三角締めからのM字固めでHGの勝利。ハッスル軍の解散は免れました。

動かないインリン様を川田が抱えて引き上げようとしたところで高田総統登場。
インリン様は再生手術を受けてくるらしいです。(しばらく出てこないかな?)
高田総統とHGのマイク対決でしたがやはり本職。いつもならレスラーを翻弄する高田総統が
HGに押されっぱなし。いつもの調子が出ないまま退場しました。
最後はHGスタイルのハッスルポーズでフィナーレでした。


総括。
散々叩かれていたハッスルですが、ここで完璧なエンターテイメントを見せることが出来ました。
きわどい衣装と発言で観客を楽しませてきたインリン様。
世間の目を集めて話題を独占してきた和泉元彌。
芸人ながら本職以上に身体を張ってくれたHG。
今までのプロレスを破壊するという高田総統の発言は図らずも実現したことになります。
これを続けられるなら、本当に根本からプロレスを変えられるかもしれません。
あとは本職のレスラーがどこまでついてこられるかなんでしょうかね??

おまけ。
PPVのはじまりで腰を振っていたOH砲の姿を見て橋本がここにいてくれたらと
少し涙ぐんだのは秘密です。

もう色々なところで記事になってしまったので速報でもないですね。
試合の詳細はこちらから。

ハッスルマニア速報です!

ハッスルマニアPPVレポ第1回です。

会場がおくれたみたいで、PPVの事前方法が始まった時点で会場がガランガラン。
おいおい大丈夫界と思っていたのですが、始まった頃にはほぼ一杯になっていました。

オープニングは草間GMの開催宣言。これが台詞忘れるはカミカミだわだったのですが
まあ、ライトを使っては下を強調したり伽羅を生かした演出があったからまあ良いとしましょう。
そのあとハッスル軍による「ハッスルだよ!全員集合」これで会場の雰囲気はぐっと温まりました。

さて試合です。
第1試合 石森・飯伏VSカズ・ジミーヤン
第1試合はカズに任せておけばまあ大丈夫という安心の試合。
若手2人は持ち味を出せましたし。しかしジミーヤンうまいですね。
最後はヤンタイムからのフォール勝ち。

第2試合 Erica・マーガレット・デビル夫人VSX・Y・Z
Yの正体はジャガーYことジャガー横田。まさかこんなところで全日本女子最大の大物2人が
対戦することになるとは思いませんでした。ちなみに先輩なのはジャガーさんです。
ジャガーはネコキャラで喋りにも語尾に「ニャア」をつけてました。
全員十分に持ち味見せてからEricaのトップロープからのエルボーでピン。
ジャガーさんはこの後定期参戦だそうですから、ジャガーVSデビルの決着戦がここで見せられるのか?

第3試合 坂田・コールマンVS長州・X
Xの正体は藤原組長。ジャガーさんほどのサプライズはなかったなあ。
なにか新しい展開は見られるかなと思っていたんですが、長州は長州のままでした。
もしかしたらこれでハッスルとは縁きりなるんじゃないだろうか?
いちおうコールマンのパンチで組長からピンでした。

第4試合 鈴木健三WithヒロコVS和泉元彌Withセッチー鬼瓦軍団。
多分この試合の流れを決めたのはヒロコさんだと思うのですが天才だと思いました。
ハッスルハウスでのケンゾーと和泉元彌のスキッドも彼女が考えていたようですが
今回の試合はそれ以上に面白かったです。
ダブルブッキングで遅れてくるからヘリコプターで会場入りという想像だったのですが
天井に張り付いていた元彌が下りてくるときに「会場前からここにいた」って台詞で
大笑いでした。
一応最後はヒロコに白粉を誤爆されたケンゾーが間違って弘子に体当たり。
慌てふためいたケンゾーがパワーボムの体勢に捕らえたものの元彌が空中元彌チョップで
切り替えしてピンでした。
MVPはヒロコさんだけど元彌もよく技を受けていたし、そう見せていたケンゾーも
さすが元WWEのレスラーでした。

ここまでは十分合格点です。
さて休憩明けはどうなるのか?

世間に届いたハッスルマニアはプロレスを変えるか?

ついに明日ハッスルマニアが横浜アリーナで開催されます。

いまのプロレス不況を考えると、固定客を確保しているノアのようになるか、
パッケージの完成度を上げて昔からのプロレスファンを集める全日本プロレスか、
ドラゴンゲートのように女性客をターゲットに、新規開拓するかの方法が取られるかと思います。

要は力道山や猪木のように外に向かって働きかけるか、
馬場や三沢のように内側に向かって働きかけるかに分類されるかに分類されるかと。

新日本プロレスはどっちつかずでフラフラしていたために
旧来のプロレスファンからも新規のファンも獲得できず
大規模なリストラをするために長州を引っ張り出すほど追い詰められてしまいました。

賛否両論あるかと思いますが、対世間ということを考えると今のハッスル以上に
世間に影響のあるプロレスイベントはなく、ワイドショーでも連日取り上げられました。
あぐらをかいて凋落な一途の新日本プロレスに比べれば
これは自分的には「あり」な方法なのです。
あとはイベントとして成功されることが出来るのかどうか?

明日のイベントが楽しみです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。